加子母 中腹林道 だいたい全部

※砂利敷き序盤。すでにケツが痛い・・

 

 

加子母にやって来ました。中腹林道を行きます
部分的に舗装されていますがほとんどがダートです

ここは何度か来ていますが、中腹林道本線以外はほとんど走ったことがありません
今回は各支線林道・作業道にも入ってみました
そして、近年開通した木曽越峠も見に行ってきました

岐阜県中津川市加子母

入り口はココ   ※地図中央の十字マーク
国道に沿うように侵入します

交差点にはだいたい案内標識があって分かりやすい
と言うか、これが無いとムリ

全線において基本砂利敷き。深い所はちょっと疲れる

とにかく分岐だらけ。しっかり地図を見ておかないと確実に迷う

本線はあまり眺望がよくない。たま〜に伐採されている箇所はこうやって見下ろすことができる
ちょうど「道の駅加子母」の辺りが見えるね

ココを北に上がって木曽越峠を目指す。ここから木曽谷林道となる

ココで木曽谷林道を逸れて高時山方面へ寄り道する

さて、問題の箇所が見えてきた(A地点)

地図上では矢印のようにショートカット出来そうなのだが、抜けられないという情報があったので
左からぐるっと回り込んできた

これが矢印の上部。廃道かな?
少なくともバイクで上がって来れる気がしない

そして、その先にはゲートがある

なるほど、なるほど(ーー;)

今ではすっかり珍しくなったダイヤル錠。高時山の南東斜面には行けないという事か

 

さて、木曽谷林道の本線に戻る。いよいよ開設区間だ

谷の下で作業をされていたが道は通ることができた

谷の一番奥からの眺め
写っている線は送電線ではなく作業用のワイヤー。あとでまた出てくる

3Dで見ればよく分かるが、非常に深い谷になっている

そして木曽越峠に到着した。開通おめでとう〜\(^o^)/

んっ (-_-)
いきなりテンションの下がる光景だ

東濃森林管理署設置と思われるこのグリーンのゲートは、脇のアングル製デルタがほぼ全てのゲートでカスタマイズされている(~_~)

アルファ製ディンプル

悔しいので少しだけ歩きで峠の北側を見てみよう

この先もずっとこのような綺麗な道が続いていた。車両が通っても問題ないと思うのだけれども

※※※後ほど確認した反対側※※※
渡合温泉のすぐそばに例のグリーンデルタゲートがある

 

さて、先を進もう。峠から西側は木曽越林道となる

木曽越林道も峠付近は新しく開設された道だ。地図には描かれていない
実際の道は1369.1の表記を南に巻いて進んでいる

こっちは砂利が少なめで若干ラクだ

木曽越林道にはトイレが数箇所設置されていてハイカーも安心だね(^^)

この交差点で木曽越林道が終わる

次は平田治山?の作業道に行ってみる(B地点)
変化のある路面でとても楽しい

そうそう、これこれーっ
自然土でテンションが上がる!

ずっと奥へ進むと、とある行き止まりに着く(C地点)

さっきのワイヤーはここと繋がっていた。ちょうど谷向かいになる
下の現場との運搬に使うのかな

 

最後に便利で面白い交差点に来た(D地点)

まさに標識通りの交差点だった(^^)

どっちへ行くにもとても便利。ここを中心にグルグル周ってもいい

加子母の中腹林道の全線と、接続する林道のほぼ全てを行ってみました。もう十分だ、というぐらい距離があります
ダートなのは良いのですが、砂利が大きめで多めなので若干疲れる道です
更に車両の往来が多いのか、路面は固いです
一方、支線の作業道は自然土が多くてそちらのほうが快適でした(^^)

それにしてもなぜ木曽越峠から渡合温泉へは抜けられないのでしょうか?
道は綺麗に整備されていて地形的もそれほど厳しいとは思えません

ここが通り抜けできると、加子母側から綺麗な山の景色を眺めて峠を越え、その後渡合温泉で泊まる
という素晴らしいドライブ観光が実現できると思うのですが・・  なぜ?なぜ?

 

 

※木曽越峠の東側の問題

最終的に分かった事ですが、各所のゲートの設置により、
ちょうど高時山の山頂を中心にして東側の道はすべて入れないようになっています

 

 

 

 

名倉道線は砂の道

 

 

豊田市稲武町に来ています。名倉道線を行きます

東栄稲武線(県80)沿いに入口と出口があり、周って帰って来れます
それほど長くないですが眺望が良く支線もあり楽しい道です
それと、砂が多めです(^^)

入り口はココ   ※地図中央の十字マーク
舗装路の稲橋滝ヶ洞線から入る

舗装を上がり切ると分岐がある。ここからダートが始まる
名倉道線の終点かな?

いきなり砂山

結構侵食されている。後で分かるがこれが規制の要因か

まあ、4輪は厳しいかな(^_^;)

支線の分岐に到着。ちょうど本線の中間付近だ
送電線保守路用途だろう

直近で車両が通った跡が見られる
どうやら本線の西側半分は使われている様子だ

鉄塔の所で終点となった

残念ながら支線分岐のすぐ下まで舗装化が進んでいる
2022年度版のGoogle航空写真も追いついていないぐらい最近の施工だ

ピカピカ〜(T_T)

起点側はパイプで緩く規制されていた
あの状況なら当然かな

支線を含めても数kmの短い道ですが、県道から入りやすく変化のある路面で楽しいです

 

 

夏焼城ヶ山に向かってみる

 

 

今回は豊田市夏焼町に向かいました。城ヶ山(889m)に上がってみようと思います

地図では実線表記の道が5本もあるので、どれか行けるだろうと高をくくっていました
でも行ってみると全くそんな雰囲気はなく”全滅”でした
完全なボツネタですが、一応記録として書くことにします

5つの入り口を順に見て周ります

航空写真では道筋が全く見えないので嫌な予感はしてました

まずは①
一応砂利が敷かれているが、急で狭すぎるのでパス。ハイカーがいたら除けられないしね
後で思えば、ここが一番まともだった

②は論外。衝撃のパイプ階段
これが実線表記かー?

③に着いた時、おー行けるぞ(^o^)
と、思ったら・・

そっちは下に向かう作業路で山頂に行く道はこれ。完全に歩道だった(T_T)
おいっ、絶対に実線表記じゃないだろっ

④は一瞬マシに見えるが、やっぱり歩道だ

そして最後の⑤
初めは状況が分からなかった
どうやらトタンの扉を開けて進む形式だ。獣除けかな?
いずれにしても歩道だ

地理院地図さん、5本とも破線表記に修正してください

 

という事で残念な結果となりました
参考までに山頂はこのような状況だそうです
※Google Street View

 

 

 

他にも周ったのでダイジェストを載せておきます
細かく線名が付けられているのですが割愛します
一番良い「蘭峠線」は伐採・搬出作業中で入れませんでした。ここは超お薦めです

【A】右奥に歩道級の道が続いているがためらった

【B】同じく歩道級。行く先が公園なので自粛

【C】この周辺の作業路は”普通には”抜けられない様子

【D】

【E】蘭峠線の西側入り口
パイロンゲート横除け=作業中

【F】

かつては橋があったであろう痕跡

【G】このエリアは道が広くて周りやすい

【H】短いけど良い道だった

【I】

【J】

【K】一応末端まで行けたけど崩壊寸前

【L】よくある砂防ダムへの道

【M】

【N】いずれ落ちるかも?

【O】

【P】蘭峠線の東側入り口。この道は両端の状態を見たほうがいい