椎ヶ沢林道支線とその周辺

 

 

 

今日は北陸に行くつもりでしたが、思いっきり寝坊したので瀬尻に向かいました
調べ残した道を見に行きます

静岡県浜松市天竜区龍山町 瀬尻

まずは寺尾線の途中で分岐するピストン  ココ ※地図中央の十字マーク

大きめの石がゴロゴロしていて荒れ気味だ

 

!!!

おーとっ! 危ない

もうちょっとスピード出してたら落ちていたかも(^_^;)
写真は上から撮ってあるけど、走行目線だと草に隠れて穴が見えるのは直前だ

草が茂っている道は車や人が入っていない証し

倒木は普通にある。

崩落も普通にある。今日も歩きだな(^_^;)

・・・

いろいろある(ー_ー;)

これは見事な切り通しだ
切り通しって高さも必要だけど角度も重要(^^) これは良いな〜
削って削って進んだという状況がひしひしと伝わる

終点付近はぐちゃぐちゃだ

結局普通に終点だったけど、あの切り通しが見られたのは良かった(^^)
林道って地図上では何もなさそうでも行ってみると何かある。それがクセになる

 

さて、椎ヶ沢林道支線へ入ろう  ココ

十分な幅員、自然土、綺麗な立ち木、ちょうどいい荒れ方
すべてが好みだ(*^^*)

次はこのループを見に行こう。地理院地図には描かれていない

ここでUターン状に折り返し

残念、倒木で周回はできなかった

頑張って奥まで行ってはUターン。毎週のようにこんな事をやっているな(^_^;)

椎ヶ沢林道支線を出たら椎ヶ沢林道を左方向へ。ここから一旦南下する

八代1号、2号は短い作業道。2号は倒木で進めず

これは驚いた。寺尾線ってこんなに上から始まっていたのかー

砂利敷きをずーっと下ると

寺尾線のメインルートに接続できる事が確認できた
さて、引き返して瀬尻林道に戻ろう

次の確認は瀬尻林道。瀬尻林道は通常開放されているのだが、ここから先は作業(工事?)でいつも封鎖されている
何度行っても立ち入る事すら出来なかった
今日は重機も車も人も居ない。お休みのようだ(^^)  ココ

 

基本砂利敷き。ずっと車両跡がくっきりで頻繁に使われいてることが分かる

終点は地理院地図と完全に一致
やっと終点まで来られた(^^)v

次は橿山線に入って、菖蒲根山方面を見に行こう。久しぶりだ

T字路は左へ

しばらくは普通だったけど・・

あらら・・

なんと、ここもヤラれていいた
上から斜面がズルっと滑っている。随分と前からかもしれない
とうとう菖蒲根山へも行けなくなってしまった(T_T)

椎ヶ沢林道&支線は楽しい道です。ちょっと奥まった所にあるので遠いのですが、何度でも行きたくなる道です
今回は瀬尻林道をやっと全線完走できたので来た甲斐がありました

 

 

 

 

※糀峠獅子久保林道は未だ崩落中

なんとなく前より酷くなっている気がします
これでは自転車の人も大変ですね

 

 

※R152は未だ通行止め

瀬尻方面のR152は通行止めが続いています
待ち時間で係の人から色々聞き出せました

・崩落は3箇所以上ある
・まだ調査段階で修復着手も工期も全く未定
・秋葉トンネル内も亀裂がある
(別にトンネル掘ったほうが早いんじゃないか?という地元の声)←これは冗談だろうか?
・地盤がズレた可能性もある
・交互通行は7〜19時。早朝・夜間は通れる(もちろん県285のみ)
・今回は台風10号の対策があるので、崩落の対応が更に遅れそう

運が悪ければ最大50分待ち
私たち観光目的はいいけど、地元の人はたいへんです

「椎ヶ沢林道支線とその周辺」への2件のフィードバック

  1. いろいろ崩れてますね。明善神社までのルートも元々の崩落箇所がさらに崩落して通行不可です。

    1. キック地獄さん
      そうですね、いつ戻るかがすごく気がかりです
      ただ、舗装路の小崩落も手付かずの箇所がいくつもあって
      対応が追いついていない様子です。自治体もたいへんです

      明善神社ルートもだめですかー
      以前にA型で封鎖してあったあそこでしょうか
      当時は2輪なら行けたんですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。