利賀河合線 県道34号

 

飛騨市にやって来ました。利賀河合線(県34)を行きます
この県道は大半が通年通行止めの状態です
岐阜県飛騨市河合町 二ツ屋から富山県南砺市利賀村までを繋ぐ全長28kmの”主要”地方道ですが、
通行可能なのは4.6kmという、なんとも勿体ない県道です。←本当です

しかし、”通行可能”と”実際に通れる” は若干の違いがあります(ー_ー;)

入り口はココ  ※地図中央の十字マーク
緩めのパイプA型には「崩土、路肩欠損」とある

これが路肩欠損。4輪は無理だと思われるが山側に轍があったのには驚いた

これが崩土。入り口の掲示は忠実に書かれていた

クモ、ダニ、ケムシと戦いながら藪漕ぎを進めると、

二ツ屋峠に到着。これが県境ゲート
まずはウエアを全部脱いで虫落とし(^_^;)

富山県側はダートになる

一部、崩落や倒木があるから4輪は無理かもしれない

やがて開けた場所に出られた。轍がはっきりしてきた事に気付く

それにしてもクソ暑い(~_~;)
ここで1200mぐらいあるはずなのだが、汗が止まらない
しばらく沢の冷気で身体を冷やす

分岐に出た。こちら側も緩いパイプA型で通行規制
左は利賀川ダム方面、右の東俣峠に向かう。東俣林道(仮)へ

綺麗な砂利敷き。今日は離合しなかったけど、しっかりした轍で意外と通行量が多めの様子

対岸も見えて気持ちの良い区間だ

若干の沢流れはあるけど不安なく走れる

登り切ると東俣登山口に着いた

利賀河合線は東俣登山口までは条件付きで通れました。登山口には車が入っていますので、スキー場を通る利賀村百瀬川地区からも通行可のようです
岐阜県側の藪漕ぎを覚悟すれば二ツ屋峠を越えることは可能です。但し2輪限定です
県34の分岐から東俣登山口までの道が開けていて意外と良かったです(^^)

この後、登山道を少し上がってみます

 

 

「利賀河合線 県道34号」への2件のフィードバック

  1. 毎度です
    あれ?誰もコメントしてませんね ここって誰も興味ないのでしょうか?w
    先月県道34と国道471の分岐個所までは行ったのですが
    あのA型ゲートが意外にしっかりしており動かせませんでした
    あのあと誰かが動かしたのでしょうね?
    ここの岐阜県側と(仮)東俣林道分岐の区間は相変わらずの放置のようですね
    結局は利賀川ダムのみなさんが一ヵ所でも通ることさえできれば
    他はいいのか?とつっこみたくなりますw
    この道、大事ですからちゃんと治して欲しいのですが・・・

    PS 二ッ屋峠のゲートの鍵の画像が欲しかったですw

    1. 山神さん、まいどです
      こんな道に興味があるのは二人だけみたいですね(^^)
      私はとってもワクワクしましたよ

      入り口のA型は完全に避けた跡があったので4輪が入ったのでしょう

      ダムへのアクセスについて、
      一般の人は白川郷から行けば楽勝ですが、
      東側から入るには(仮)東俣林道を通れというのは酷だと思います
      あの道は結構怖いですから。

      結局、ダムの関係者は白川郷から入っているのでしょうか
      県34号の大勘場〜ダム区間の崩落ってそんなに酷いのでしょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。