ヨモギ沢林道(仮) 恐怖の作業現場

再び大谷崩来ました。静岡市葵区です

沢を渡った向こう岸に伸びる林道を行きます
2月に車で来た時に入り口だけ確認していました
名称が無いのでヨモギ沢林道(仮)とします

入り口はココ

渡った所にゲートがある。錠は固いが脇は甘い
入り口には工事中の看板。今日はお休みのはず

砂利敷で踏み固められている

作業小屋が見えてきた。やはり人は居ないようだ
ちょっと珍しいものを見かけた。トイレだ。
目隠しがしてある。そう言えば最近は工事現場でも女性の為の環境作りをしていると聞くけど、これもその一環だろうか

谷向こうに驚愕の光景が現れる(@_@;)
なんと恐ろしい現場だろうか、急角度の斜面にへばり付くように作業車両がある
ちょっと崩れたらひとたまりもない。しかも全く逃げ場がない、まさに命がけだ

それにしてもあそこまでどうやって行くのだろう? 下からあちら方面の道はなかったはず

その後も作業中の箇所がいくつもあり、複数同時に工事している様子だ

 

 

この広場を過ぎると間もなく終点だ

地図上ではここが終点だと思っていたけど、まだ先に道があった形跡がある。落ちたようだ

久しぶりに怖い現場を見ました。ここはどの箇所も気が抜けないだろうと思います
大谷崩にある作業現場なので当たり前かもしれませんが、どの斜面も急でしかも地質が脆い
走っている最中にも坂の上からコロコロ石が落ちてきました
きっと毎日のようにどこかで崩れているのでしょうね

 

この後、甲府方面に行きたかったのですが
普通に静岡市まで下って行くと恐ろしい時間がかかってしまいます(100km以上)
そこで「豊岡梅ヶ島林道」の出番です

安倍峠を越えて身延まで抜けて行こうと考えたのです
ここは一度抜けているので大丈夫だろうと高をくくっていました
ですが林道はそう簡単にはいかせてくれません(~_~)

 

 

※豊岡梅ヶ島林道 2018.8.15

当然のようにゲートは閉まっています
よく見ると脇に変化がっ!

なんと、土が盛られている? しかもガードレールの端っこ(曲がっている部品)が取り付けられている
以前はこれが外れていたのでスイッチバックができたのに・・
明らかに嫌がらせだヽ(`Д´)ノ

※昨年5月の様子※

いきなり崩れとるし・・(~_~)

なんとか通れるように伐採して

その先にも土砂がかなり流れていました

安倍富士はまったく見えないし(~_~) つまらん・・

すんなりとはいきませんでしたが、無事大城に抜けられました
障害物はあったものの梅ヶ島温泉からここまで約1時間。かなりのショートカットになりました(^^)

 

 

「ヨモギ沢林道(仮) 恐怖の作業現場」への6件のフィードバック

  1. 毎度です
    大谷崩、好きですねw
    それより豊岡梅ケ島林道の静岡県側ゲートの嫌がらせが気になります
    これってまだ最近?(多分今年か?)
    嫌らしいことしますね
    でもどうやって抜けたの???w(←聞いてはいけない?w)
    ここはやっぱり山梨県側がいつも駄目ですね
    でも工事していなく通り抜け出来て良かったですね

    1. 山神さん、まいどです
      やっぱり気になりますよね、あの脇の処理は。
      昨年の5月以降なので今年に入ってかも知れませんね

      現場の状況を見ると絶賛工事中です
      写真は無いですが山梨側に飯場もありました
      平日はまず無理です
      ゲートの件は山神さんなら通れます(^o^)

  2. こんにちは
    今年は行ってないけど静岡県側ゲート
    近いうちに見てきます

    モンキーならOKって意味でしょうか??

    1. tuidiさん、こんにちは
      モンキーなら潜るか、脇もいけるかもしれません。ガードレールは乗り越えられるか微妙ですけど

  3. こんにちは、トリKさん
    この林道は、ゲートの位置から裏側が全く見えず、気になってました。
    工事現場は、足元から崩れそうな場所ですね。
    道の崩落でいけないなら、
    山伏からのルートが、あるんでしょうか?
    お天気残念でしたね。
    富士山が見える見えないで、テンションに差がでますね。
    ただ走破は、本当に凄いですね。\(^^)/

    1. 三木さん、こんにちは
      さすが、ここをご存知でしたか(^^)
      言ってしまえば、ただの工事現場なのですが
      よくある現場と違って緊張感たっぷりでした

      あの崖の現場への道は結局分かりませんでした
      地形的には山伏峠側とは思えないですし、
      ずっと下から上がれる裏道があるのかもしれません

      安倍富士は残念ながらダメでしたねー
      いつも見えるとは限らないところがまたいいのです(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。