中信縦断⑤ 四阿屋林道

中信縦断の第五弾、最終回です
最後は筑北村の大沢山から四阿屋山(あずまやさん)を通る四阿屋林道を行きます
”四阿”で”あずまや”と読みますので、正確には”あずまややさん”と読むのでしょうか(^_^;)
ここはほぼ舗装路です

入り口はココ

R143明通トンネルの西の出口付近。立入禁止の看板、チェーンゲートは下がっている

砂利敷のフラットダート

分岐に訓練中の看板が。

長野県警?

恐る恐る見に行ってみると、奥でオフ車の練習(^o^)

トリッカー、CRFなど。トラックで積み込んでの訓練だ。他人事だから言えるのだが、いい訓練だなー
こちらに気付かれたようだったので、入って挨拶でもしようかと思ったけど、
立入禁止エリアなのを思い出し、会釈してそそくさと退散した

眺望はそこそこある

四阿屋山の取り付きだ。この辺りは舗装されている

もうすぐ終点だけど、ダートの分岐が見えたのでこっちに行ってみる。刈谷沢線だ。西方面に降りる

ほぼ平坦なダートを下ると刈谷沢集落に出た

四阿屋林道は特に何もありませんでした(^_^;)

 

【中信縦断まとめ】
今回は中信地方の岡谷市から筑北村まで1日かけて周りました
最高地は鉢伏山や武石峰(ともに1700超)で、眺望は一番良かったです

一方で林間林道の「菖蒲沢林道」「河鹿沢林道」などローカルでも魅力的な道もありました
この辺りは実際に周ってみて分った事です

一番の目的だった三才山峠越えは期待していた通りのスケール感で、
7kmと中距離ではありますが実際はもっと長く感じました

今後は聖山や高雄山など、さらに北信に入って進んでみようと思います

 

 

※刈谷沢神明神宮

刈谷沢に降りてきたら目に飛び込んできました
あまりにもインパクトがあったので歩いて見て回りました
建造物も歴史を感じさせられるのですが、とにかく御神木の存在感がスゴい

 

「中信縦断⑤ 四阿屋林道」への4件のフィードバック

  1. こんにちは
    訓練中でけがをすれば労災で給料ももらえるのかな??
    いいな~~。

    1. tuidiさん、こんばんは
      私もこれが職務中なのなどうか疑問を持ちましたが、
      入り口に県警の看板があったのでお仕事でしょうね

  2. 刈谷沢線で曲がられていますが、その先で途中舗装され、集落を抜けて、さらに北上し青柳城跡公園からまたダートになります。
    フラットダートで面白いかと思います。

    1. goggleさん、こんばんは
      てっきりずっと舗装だと思っていたので、
      左のダートに惹かれました
      そのまま行ってもよかったのですねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。