町道高嶺線

昨日に引き続き南信の林道を探索します
入笠山周辺で比較的距離のある高嶺線です

入笠山までどうやって行こうと考えてみて、これまであまり通った事のない東側から上がることにしました
ココから上がります

一応4輪の道幅はあるけどかなり急勾配で路面も荒れ気味。本来は登山用かな?

ずーっと1速でエンジンが唸っている

ようやく急坂が終わり平地になった。この辺りにはロッジがいくつもあった

茶屋なんかもある(現在は改修中)

白樺林の合間を縫って気持ちのいいダートが続く(^^)

急激に標高を上げてあっという間に1700超だ

そえそろ入笠湿原の辺り

記念碑のある芝平峠(しびら)に到着。ここは左前方へ

しばらく進むと高嶺線の入り口。ココ

路面の状態は比較的よく、ちょうどいい荒れ具合が続く

分岐があったから入ってみようかと思ったけど、なんか物々しいから止めておいた

ネットが多く、残念ながら展望はほぼ無し

この分岐を左に降りると山室集落へ。県211に出られる
今回は直進してみる

途中で月蔵林道に接続した。月蔵山の周辺林道網のようだ

この道もなかなか距離があって楽しい。作業車が頻繁に入っている様子だった

ほどなくしてR152に出た。ココ

高嶺線は派手な地形ではなく展望も少なめですが、距離があって適度なアップダウンが楽しい道でした
富士見町を出てゆっくり来てちょうど2時間ほど。行程の8割がダート
素晴らしいところですね(^o^)

この後、日本の中心に行きます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。