天竜の林道はいつまでも

引き続き天竜の林道を行きます

白倉山の探索の後、橿山(かしやま)に向います
ココが橿山林道の始点

ここもやっぱり路面状態はすごく良い

だんだんと勾配がきつくなってくる。と言ってもぜんぜん急坂ではなく、ちょうどいい角度でとても楽しい(^^)

おーっ 楽しいぞ!この道

右は戸口山方面、ここは左へ行ってみる。このまま菖蒲根山(しょうぶね)へ行くためです

アンテナを過ぎると一旦下りペースになる

この下りがまた絶妙な荒れ方。辛くなく、退屈じゃなくちょうど良くて面白い

鉄塔の向こうにダムが見えるが・・・

方角からすると佐久間ダムだ。こんなにはっきり見えるなんて
天端は県1号上なので何度も走っているけど、この角度で見えるのは林道ならでは。なんか得した気分だ
因みにこのダムは愛知県と静岡県を跨いでいる

再び鉄塔広場で終点か、と思ったら

脇にまだ道が続いている。どんどん行こう~

看板の辺りから急に道の状態が悪くなる
枯れ葉で覆われ、轍が消えた

道幅も狭くなってきた。4輪はかなり厳しい
またいつものように終点を迎えるのだろうな、と進んで行く

ブラインドコーナーになる度に引き返す心の準備をする。こういう場面では弱気になる
しかし予想に反して心細い道は先へ先へ続く

下を覗くと道が見える、ここからつづら折りの始まりか? 希望が見えてきた

集落も近い。これはいける! に違いない(^_^;)

いよいよ舗装路が見えた!

この角度から急坂が想像できると思う

なんと、こんな所に出てきた

錠は? 脇はやや甘い

まさか抜けられるとは思ってなかったので驚きました。ただし後半はちょっとキツいです
秋葉ダムから入り、ハサカ山~橿山~菖蒲根山の完抜周遊が可能です
白倉山へ寄り道するとかなりの距離があります

今日1日走ってみて気付いたことがあります。最後を除いて今回走ったところは開放林道なんです
これほど広範囲に自由に走れるダート林道があるとはとても幸せなことです
まだほんの一部しか走破していません。まだまだ縦横無尽に張り巡らされています

こんな素晴らしい天竜の林道がいつまでも在りますように

 

※天竜の林道に関していつも参考にさせていただいています
走破距離と情報量がすごいです
Live to Ride! Ride to Live!!

「天竜の林道はいつまでも」への10件のフィードバック

  1. 毎度です
    佐久間ダムが見えるのは非常にいいですね
    ここは行って見たい気持ちになりましたよw

    AGE?の鍵なんてみたことないですね
    タキゲンといい、鍵の種類多過ぎですねw

    1. 山神さん、まいどです
      佐久間ダムぜひ見に行ってください
      4輪の場合は写真にあるデッカイ岩が問題です

      AGEはまたに見ます。ホムセン錠ですよね

  2. 「AGE」、ホームセンターで見かけますね。
    共通錠ではないと思います、ひょっとして私有地??

    1. 林道ライダーさん、まいどです
      はい、私有地だと思います
      看板にある林業屋さんの物ではないでしょうか

  3. 今晩はトリKさん、
    佐久間周辺は、良く走りましたよ。

    友人が、半年ほど、入院してまして、退院直後に、佐久間ダムに、リハビリで、友人4人で出掛けました。
    佐久間ダムの休憩所にて、
    友人は、まだ、かかとに、ゴムが埋めこまれた石膏ブーツの状態で、エンジンが始動せず、何度もキックしてましたよ。
    石膏の粉を、ちらしながら( ゜o゜)
    僕ら以外にも、ライダーたちが、いましたが
    ほぼ、ドン引きでした。(´・ω・`)

    しかし、佐久間ダム周辺は、地デジや、携帯電話の、中継アンテナで新しい林道ができてるのかな?

    1. 三木さん、こんにちは
      佐久間ダムはこの林道からの眺めを是非とも見ていただきたいです

      失礼ならが、ご友人は完全にどうかしていますよ(^_^;)
      その状況なら誰でもひきます

      1. 今晩は、トリKさん
        完全なアウトドアの友人は、さすがに半年のベッド暮らしの、反動は、すごったですよ。豊橋から佐久間ダムで、あんまり時間かかりませんでしたよ。

        僕の退院後の、リハビリは友人6人と、井川ダムでしたよ。長島ダムのない、絶景の渓谷を、友人5人に紹介できましたから、大満足でした。
        接岨峡温泉に、友人4人を、残して、
        寸又峡の林道走破経験者の友人と、
        二人でダートの閑蔵ルートで井川ダムまでいきましたよ。帰りは、勘だけで山あいをはしりぬけ、途中の峠で珈琲を沸かして休憩がてら、後続友人をまってましたよ。多米峠から豊橋に、もどりました。

        ちなみに、僕の場合は、下腿部にステンレスのパイプでしたから、石膏ブーツは無しでしたよ。(^^)

        1. 三木さん、こんばんは
          みなさん大怪我をされてるんですね。でもその反動は大きいという事ですか(^o^)
          長島ダムのない、とか、ダートの閑蔵とか当時はずいぶんと光景が違ったのでしょうね

          1. こんにちは、トリKさん
            長島ダムが出来て、森林鉄道コースも
            かわりましたしね。(^^)v
            トリKさんが、チョイノリで走られた
            トンネルは旧鉄道跡ですよね。
            改修がなければ見られないショットですね(^^)
            トンネル画像を見ると、ちょっと新しく見えるので、何度も改修してる様子で、やはり、林道なんかは、行く度に姿が違うパターンありで、面白いですね。(^^)

            6人でいったツーリングの、メンバーで何度もケガしてるのは、2人だけですよ((^_^)ただ、いっしょに、走ると、それぞれ個性があって面白かったですよ。
            帰りはサバイバルツーリングでした。山あいの村では太陽が360度回ることもありましたし(^o^)

  4. 三木さん、こんばんは
    当時はダートもたくさんあって楽しかったでしょうねー
    あのトンネルはやっぱり鉄道跡でしたか、今度もっと先に行ってみます
    6人いると少しぐらいスタックしても大丈夫ですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。