川根本町 林道蕎麦粒線

前日の岐阜の加茂郡から移動し、
以前から行きたいと思っていた林道蕎麦粒線に行ってきました
静岡県の浜松市と川根本町の境に位置します

当初は杉川林道から接続してやろうと企んでいたが、
どうも道が生きていないような情報ばかりだったから、
杉川林道のすぐ東隣の作業道から上がってみることにした

いずれもR362

ここが入り口。名称の標識はなかった
枝松山~小芋山~三星山をトラバースして、大札山に向かうルートです

序盤はきれいな舗装道

整然と植樹されている

やがてダートが始まり

次第に荒れた箇所がいつくか現れた

 

ここはけっこうな急坂。一旦止まった

すると後ろから爆音!
作業車なら嫌だな~と思っていたら、オフ車2台
この急坂・悪路をすいすい行かれます。さすがWR
というか、差は乗り手なんだけどね

私はローギアでフラフラしながらノロノロ進みます

古い標識がありました。「林道川上嶺線」?

 

ひどい崩落個所もあり、びくびくしながら漕いで進みます
ソロなので落ちたら終わりです

 

三星山の登山口がありました

初めて眺望できる場所に出た。気持ちいいね~

チェーンゲート。施錠してあります
脇も行けなくもないですが、バイクなら潜れます

次第に道が良くなり

広くなり、

 

ゲートが見えた!
大札山登山口の駐車場に到着

抜けられた \(^o^)/

脇はめっちゃ甘いが、TAKIGENの錠前付でした

奥山林道と言うらしい。でもどこからどこまでを言うのか・・・

 

さて、ここからは蕎麦粒線です

 

看板が見えてきた。本線は真っ直ぐ
杉川林道はここに左側の道から接続する、と、思う

その左側の道へはチェーンゲートで行けません

注意書きを読んでみる
なんと、錠前が今年の4月に変更されたようだ

車に踏み固められた見晴らしのいいダート道をどんどん行くと、

山犬段の山小屋駐車場に着きました
そこそこ車が居る
みなさん登山の真っ最中でしょうな

とりあえず、山犬段に向かってみる

すぐにゲート
まあ、この先に行けてもすぐに登山道だから行けないけど。

 

駐車場に戻って、

 

山犬段から西へ伸びる道は、事前の情報で行けないことは分かっていた、が、とりあえず進む

すぐにゲート
なんだか凄いね。侵入者と戦ってきたんだろうな

なんだ!?この錠前は?
どうやって開けるのだろう

 

帰りは蕎麦粒線~赤石線を下った

何気なくタイヤを見るとフォークからオイルがだだ漏れ (@_@)
シールが切れたな。ここじゃあどうしようもないけど

 

この後、街へ降りて付近の林道を何本か走った

「川根本町 林道蕎麦粒線」への2件のフィードバック

  1. 探索、お疲れ様です。

    知らない「錠」ばかりですね。
    チェーンゲートの奥にいるおじさんは、ゲートの番人でしょうか?

    1. 林道ライダーさん、こんばんは
      最近タキゲンの錠前に変えたみたいですね
      それにしてもあのアングル固めの茶色いゲートの錠前はどんな鍵で開けるのでしょうね(^^)

      あのおじさんはただの観光客です
      弁当広げてました(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。