徳山会館で想うこと

最近藤橋、いや、徳山村が気になって仕方がない私ですが、
初めて徳山会館に行きました
年内の開館が11月末までということで慌てて出掛けました
終わってみると、たっぷり1時間半居ました

※撮影の了解は取りましたが、問題があればご連絡ください

当時の写真や資料の数々が展示されていて、
隅から隅までじっくり見ます(@_@)

ダム湛水の過程。非常に興味深いです

カメラマン増山たづ子さんの写真もあるようです
私もどっぷり昭和人間ですので、なぜか懐かしく共感できます
もっとたくさん見たいな、と思いました

手作りのかばんやアクセサリーも展示しています

 

村の今と昔を比較した写真です。街の区画がはっきりと違いますね

人はひっきりなしにやってきます
実はココに着くまでは、
誰もいないのではないだろうか・・・と思っていました
見事に予測を打ち砕かれました

「ここ昔に来たことあるわー」とか、
「あの谷はココから行けたのねー」とか、
かなりの盛り上がりようです

この2枚の地図から湛水の前後を見ることができます
塚、櫨原、山手、徳山(本郷)、上開田、下開田、戸入、
そして唯一沈まなかった門入
当時はこんなふうに道で繋がっていたんですね

注目すべきはこの地図です
谷がすべて網羅されているようです
谷在る所に林道有り、です

Blue Starsさん
白谷や扇谷も行かれたんですねー羨ましい

今となっては数本のみ通行可能となりました
それも油断できません。廃道化の可能性大です
「いま行ける道だけでも行ってみよう!」と、決心を新たにするのであります

徳山会館から徳山湖を望みます
写真中央辺りに、村立小学校が沈んでいます

 

移設された、映画「ふるさと」の記念碑、忠魂碑はひっそりと

 

 

帰路、何気なく湖面を見ると、「あれはっ!とくまる?!」

 

帰りの車の中で、どうしてこんなに徳山村が気になるのか
考えていました
広大な自然?興味深い林道?廃村?
なにかピンと来ません

ふと思い出しました。私は一度だけココに来ているのです
確か1998年ごろに
岐阜へ何気なくドライブをして、どんどん山奥に入って・・・
記憶は曖昧でどこをどう走ったかも思い出せませんが、
間違いなく、村や人、橋は見たのです

ひょっとしてその記憶が背中を押している?

「徳山会館で想うこと」への2件のフィードバック

  1. 徳山会館、私も以前30分ほどじっくり見たことがありました。
    ダムに沈む前に行っておくべきだったと悔やまれますね~

    ホハレ峠から門入への登山道は2時間ほどかかるみたいですが、いつかは行ってみたいと思ってます。春になったら計画します?(^_^)

    1. そうなんですよ、たっぷり時間はあったはずなのにー
      その時は何とも思わないんでしょうね

      門入、計画しましょう!
      いろんなブログで探っていますが、たいへんそうですね
      でも、行こうと思った時に行っておかないと

      追伸:
      オフ会どうだった? 記事待ってます(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。